読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企む職員室。

企みつつ、教育しています。

無印のテーブルが"ない時"と"ある時"。[KORE-KURE]

【KORE-KURE】 まっさん テツ(教室長)

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161031233950j:plain

 

こんにちは。studioあお空間ディレクション担当の「まっさん」こと松本一春です。

今日は生徒が来るまでヒマだったので、教室長川村のブログをジャックしてみました。

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161031232317j:plain

川村:いや、ちょっと勝手に何してんの。

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161031234703j:plain

松本:いや〜ヒマだったんで!笑

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161031232317j:plain

川村:・・・。

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161031232438j:plain

松本:そんなことよりテツさん(川村)この前、教室に新しい机が欲しいって言ってたじゃないですか。

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101001323j:plain

川村:そう。教室オープンの時に一式買ったんだけど、サイズも小さいし、2,3ヶ月でガタガタになっちゃって。今は無印のちょっとだけいいやつが欲しいんよ。

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161031234703j:plain

松本:そうそれ。でもどうせテツさんお金ないだろうから、勝手にブログで寄付してくれる人を募集しちゃおうと思って。ヒマだし。笑

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161031232317j:plain

川村:うん、ヒマって言うのやめよう。お金ないもやめよう。生徒全然集まってないみたいに聞こえちゃうから。

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161031232438j:plain

松本:と、言うことで、今日はその「無印のテーブル」が教室に"ない時"と"ある時"を比較してみようと思います。

 

 

 

 

 

「無印のちょっとだけいいテーブル」が"ない時"と"ある時"。

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101001851j:plain

松本:こちらが例の品ですね?

www.muji.net

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101001308j:plain

川村:そうそれ!この前一個だけ買ってみたんだけど、大きいし頑丈だし使いやすいんよね。

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161031232438j:plain

松本:では、今からこの机が教室に"ない時"と"ある時"を比べてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ない時①:机が汚くなる。

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101002506j:plain

松本:汚いですね。

 

川村:うん、汚いな。ここで何をしていたかが想像できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時①:広々とスマートな環境を実現。

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101023516j:plain

松本:スマートですね。

 

川村:うん、スマートだな。質量保存の法則に逆らってるけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ない時②:字が上手く書けない。

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101003002j:plain

松本:今の机は本当にガタガタなんですか?ちょっと字書いてみてくださいよ。

 

川村:わかった。

 

 

 

 

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101003104j:plain

松本:いや、汚すぎでしょ。これまだ小学校上がってない子の字ですよ。

 

川村:本当だよ。こんなんじゃ、もしラブレター書いたとしても絶対フラれる。

 

松本:ちょっと書いてみてください。

 

 

 

 

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101003223j:plain

松本:いや、間違ってるじゃないですか。

 

川村:ちょっとガタガタすぎて。

 

松本:そんな効果ねーわ。いいから書き直して。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101003345j:plain

松本:だから、間違えてるって。何この攻撃的な口説き文句。ていうか口説き文句なのかこれ。

 

川村:いや、ちょっとガタガタすぎて。

 

松本:だからそんな効果ねーわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時②:心に残るラブレターも書ける。

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101024046j:plain

川村:いや〜書きやすい。

 

松本:ちょっと見せてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101023600j:plain

松本:いや、内容変わってるじゃないですか。文豪ですかアンタは。

 

 

 

 

 

 

 

 ない時③:防げない。

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101004513j:plain

松本:無印のテーブルがない時は、このように突然バレーボールが飛んできた時も防げません。

 

川村:いや、学習教室で突然バレーボール飛んで来ることある?

 

 

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101004644j:plain

松本:どうですか?痛いでしょう?わかりますか?危険なんです。

 

川村:うん、もう十分わかったから、やめてくれる?

 

 

 

 

 

 

 

ある時③:防げる。

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101023631j:plain

松本:無印のテーブルがある時は、このように防げます。

 

川村:ほほう、なるほど。

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101023651j:plain

松本:どうでもいいですけど、ムカつく顔してますね。

 

川村:ほっとけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比較終了。結果、"ある時"の方が良い。

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101022959j:image

松本:どうでした?

 

川村:うん、"ある時"の方が良かった。

 

松本:でしょ?だから見てくれてる方々にちゃんと改めてお願いしてください。

 

 

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101010104j:plain

川村:みなさん、いつもお世話になっております。studioあお教室長の川村です。皆様のおかげで今日も生徒たちと楽しく、学びに溢れる時間を過ごせています。ありがとうございます。
いつも教室の様子や活動についてWebなどでも報告させてもらっているのですが、それを見ている方から
「教室に何か寄贈したいんだけど、何が必要かわからない。迷惑になったら困るので適当なものを送れない」
と言っていただくことがあります。嬉しい限りです。
もしこれを読んでいくださっている方の中にもそんな方がいれば、この「無印のテーブル」ください。めっさ喜びます。
公式Facebookページとかでも、ぜひ名前を紹介させてもらいたいですし、なんなら僕の親にも紹介したいです。

www.muji.net

住所はこちらです。

602-8374
京都市上京区一条通御前西入ル3丁目西町72 メゾンワイズ103号 
放課後教室「studioあお」

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101011150j:plain

松本:なんか急に丁寧、かつ図々しくなりましたね。

 

川村:いや、なんか欲が出てきて。

 

松本:正直か。

 

川村:あ!送る前には必ず一報くださいね!2個までしか受け付けてないので!

 

松本:いよいよ図々しいな。

 

 

 

 

 

 

無印テーブルの使い方 応用編

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101011951j:plain

川村:このテーブルめっちゃ便利なんよ。頑丈で、大きいだけじゃなくて、足もたためて、収納もできるし、持ち運びにも超便利なんよ!

 

松本:はあ…、そうなんすか。

 

 

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101012014j:plain

川村:こうやって、持ち出して…、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101012315j:plain

川村:こんな感じで楽しいピクニックをすることも可能です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101012040j:plain

川村:(寂しい…。)

 

 

 

 

 

−−完−
※実際はガタガタ過ぎて字が書けないなんてことはありません。「無印の方が書きやすい」くらいですのであしからず。

 

 

 

 

 

スタッフ紹介

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20161101013556j:plain

松本一春
空間ディレクター 兼 リクルーティング担当
“丁寧な生活”をこよなく愛す、ポパイ系男子。口癖は「チルってる?」。

 

 

 

––––––

放課後教室「studioあお」
602-8374
京都市上京区一条通御前西入ル3丁目西町72 メゾンワイズ103号 
Facebookhttps://www.facebook.com/studio.ao.kyoto/
「いいね!」よろしくお願いします!

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20160424004428p:plain