読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企む職員室。

企みつつ、教育しています。

僕は教育ができない。だから『お兄ちゃん』になる。

まっさん 【アオ的教育論。】

f:id:stud-io:20170123133515j:plain

 

こんにちは。studioあお運営スタッフの、まっさんです。

 

毎日楽しくstudioあおの教室の運営をしている、、

 

 

んですが、、

 

 

f:id:stud-io:20170123133701j:plain

僕は最近悩んでいます。

 

 

僕は今まで教育事業に携わったことがありません。

実は僕以外のスタッフのみんなはだいたい教育関連の何かしらの活動をしてきています。

 

なみちゅうは学童でバイトしたことがあるし、

ぐりは教職を取ってて塾講の経験もあります。

いねけんも教職を取っていてジムのトレーナーもしているし(なんかちょっと違う)、

ほんちゃんは子どもが大好きで、すぐに子どもと仲よくなります。

 

僕だけ教育事業に携わったことがありません。僕だけ。

だから、僕は教育ができない。

 

 

f:id:stud-io:20170123133806j:plain

なんてこったい。

 

先生的な立場をとったこともないし、

教室の生徒からも『先生!』って言われると違和感があるし、

自覚がなさすぎて、呼ばれていることすら気づかないこともあります。

 

僕の思う先生のイメージは

・真面目で

・清潔感があって

・やさしい

 

そして現在の僕は

・おちゃらけていて

・金髪で

・子どもだからといって容赦はしません

 

 

 

f:id:stud-io:20170123133942j:plain

ダメです。

完全に理想の教育者になれそうにはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:stud-io:20170123134003j:plain

 

この金髪がいけないのでしょうか?

 

 

 

f:id:stud-io:20170123134109j:plain

あれ、こんなところにハサミがあります。

いっそのこと、この金髪を切ってしまえば何か変わるかもしれません。 

 

 

f:id:stud-io:20170123134128j:plain

えいっ。

 

 

 

 

 

f:id:stud-io:20170123134207j:plain

やっぱりやめておきましょう。

そういう問題ではないようです。

 

『正しいこと』を教える教育者にはなれません。

だって僕ですら絶対に『正しいこと』なんてわかりませんから。

でも、僕だって生徒になんかしてあげたい。

 

f:id:stud-io:20170123134439j:plain

 何をしてあげられるだろう。。

 5教科の学習サポートや個別指導は教室長や他のスタッフがやってくれているし。。

 

 

f:id:stud-io:20170123134233j:plain

うーん。

 

 

 

f:id:stud-io:20170123134255j:plain

なんか、僕はこう思うよとか、僕はこうやって失敗したよとか

半歩先の経験を伝えてあげる存在、、、

 

 

 

f:id:stud-io:20170123134328j:plain

お兄ちゃんみたいな、、、。

 

え?

 

 

 

お兄ちゃん?

 

 

 

 

 

 

f:id:stud-io:20170123134537j:plain

あ!

 

 

 

f:id:stud-io:20170123134554j:plain

ああああーーー!!!!

 

 

 

 

f:id:stud-io:20170123134622j:plain

それだ!

 

 

 

 

f:id:stud-io:20170123134644j:plain

お兄ちゃんだ!

 

 

 

 

f:id:stud-io:20170123134813j:plain

 あ。

 

 

 

f:id:stud-io:20170123134841j:plain

ひゃ〜。

 

 

 

 

 

 

f:id:stud-io:20170123134751j:plain

僕、

みんなのお兄ちゃんにならなれます!!!!

 

 

 

 

そう思って、新しいプログラムを作りました。

その名も『BRO.』

f:id:stud-io:20170123004046j:plain

週に一回、生徒と大学生スタッフが一同に会し、週替わりで大学生が準備した企画をします。

 

記念すべき第一回目はわたくし、まっさんが企画させていただきました。

企画名は『情熱教室』

f:id:stud-io:20170123004632j:plain

葉加瀬太郎をBGMにして、

僕の経験をドキュメンタリー風に発表しました。

 

僕が経験してきた人生のターニングポイントで、

僕がどのような行動をとったのか、周りの人から言われた忘れられない一言は何か、をクイズ形式にして、出題しました。

f:id:stud-io:20170123004709j:plain

 ターニングポイントでの行動や、忘れられない一言から何を学んだのかを、お兄ちゃんとしてみんなに伝えました。

 

 

f:id:stud-io:20170123004659j:plain (こちらは僕の嬉し恥ずかし幼少期。)

 

 

 

 

 

まだまだ実験段階でどうすればもっと生徒と仲良くなれるか楽しんでくれるかを模索中ですが、

このプログラム、我ながら自信があります

 

f:id:stud-io:20170123004649j:plain 

僕はこうやってきたよ

こうやって失敗しちゃった

と自分の経験を伝えてあげる。

 

この時間の中だけでは伝えられないかもしれませんが、このプログラムで生徒との距離が縮まることで、個別に相談してくれるかもしれません。

 

 半歩先の大人として、生徒たちの近い未来について一緒に考え、

少し年の離れた先輩として、生徒たちと友達になる。

 

大学生と中学生の距離が近いstudioあおだからこそできること。

 

教えるという上下の目線ではなく、

僕が知ってる良さそうなヒントや武器を見せてあげる。

その中で、選ぶのは生徒たち自身だと思っています。

 

近所の金髪のお兄ちゃんとして、

僕は生徒に『僕の知っているヒント』を提供し続けていければなあと思います。

 

『みんなのお兄ちゃんになる。』

これが僕なりの、僕にできる教育の方法です。

 

 

『BRO.』

毎週木曜日の20:00〜21:00

に開催しています。この時間はどなたでもお待ちしてるので、

教室の雰囲気を知りたいみんな、遊びに来て、

是非「兄弟(bro)」になりましょう〜!!

 

 

 

この記事を書いた人

f:id:stud-io:20161206082505j:plain

まっさん(松本一春)

studioあお運営スタッフ 空間ディレクター 兼 リクルーティング担当

”丁寧な生活”をこよなく愛す、ポパイ系男子。口癖は「チルってる?」。

苦手なものは、オールで迎えた翌朝の背徳感。

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------

放課後教室「studioあお」
〒602-8374
京都市上京区一条通御前西入ル3丁目西町72 メゾンワイズ103号 
Facebookhttps://m.facebook.com/studio.ao.kyoto/
「いいね!」よろしくお願いします!

f:id:stud-io:20170110170305p:image

----------------------------------------------------------------