企む職員室。

企みつつ、教育しています。

「"飼いたい"はつくれる」小学生が野良猫プロデュースによるマッチングの創出に挑戦。

猫、好きですか?

f:id:stud-io:20180410131633j:plain

 

そうですか、好きですか。
わかります、可愛いですよね。

 

では、猫が年間どれくらい殺処分されているか知ってますか?

 

そうですよね、知りませんよね。
答えは約45000匹。その数なんと犬の4倍以上
環境省_統計資料 「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」 [動物の愛護と適切な管理]


可哀想ですよね。

 

そんな可哀想な猫を救うべく、今年の1月に、うちの生徒たちが立ち上がりました。

f:id:stud-io:20180410132125j:plain

※めちゃくちゃ座ってますが、立ち上がりました。

ネコ様お助け本部
近所に住みつくようになった野良猫、通称"ネコ様"の飼い主を、見つけるプロジェクトです。(プロジェクト期間  2018年1月〜3月31日)
メンバーは全員小学生です。

studioあおは"プロジェクト型授業"というものを採用していまして、
誰かの「〇〇したい!」という一言が、授業のスタートです。
メンバーはその都度自由。一人でやってもよし。他の生徒と協力してもよし。
外部の学生や、社会人を巻き込んでるプロジェクトもあったりします。

 
今回も
生徒「猫ちゃんかわいそう!」
僕「うん、そうだね。じゃあ、どうしようか?」
生徒「飼い主見つける!!」
僕「よっしゃ、やりましょう。」

という会話から、このプロジェクトがスタートしました。


今回、ネコ様お助け本部は、このプロジェクトを実行する上で、
彼らは「“飼いたい”はつくれるのではないか。」
という問いを立てました。

 
猫好きにその存在を知らせる、だけでなく、
「ネコ様"が"飼いたい!」と思ってもらうことが重要であると考え、
その存在自体の魅力を引き上げることを目標としました。
なので今回のテーマは「野良猫プロデュースによるマッチングの創出」。
非常に難しいテーマになりました。
※身内に買ってもらうのはNGという暗黙のルールがあります。

 

メンバーは
小4リーダー、
小6ライター、
小4デザイナー、
小3カメラマンの布陣で、コミュニケーション設計を通して、
ネコ様の飼い主を見つけていきます。

 

最初はSNSからスタート。TwitterInstagramを立ち上げました。

f:id:stud-io:20180410140000j:plain

 

f:id:stud-io:20180410140025j:plain

一眼レフを使って、小3カメラマンが毎週毎週、写真を撮りました。

最初の写真こちら。

f:id:stud-io:20180410142237j:plain

 

 

 

最近の写真こちら。

f:id:stud-io:20180410142137j:plain

f:id:stud-io:20180410160846j:plain

f:id:stud-io:20180410142150j:plain

f:id:stud-io:20180410142210j:plain



すごい成長じゃないですか????

自分たちで、いい写真とはどんなものか、
人気インスタグラマーの写真はどんなものか、
を調べて分析してレベルアップしていきました。
渡辺直美さんをよく参考にしてました笑)


f:id:stud-io:20180410143344j:plain

どんどんプロ根性も育っていきました笑
※他人の敷地内ですが、許可をいただいて、撮影しています。

 

会議は基本的に週2回の授業の中で行います。

会議も自分たちで行いますので、基本的に我々からアドバイス以上をすることはありません。
他人に迷惑をかける可能性があるときだけ指摘をし、やっちゃダメなことだけ教えます。

 

プロジェクト開始から1ヶ月程度で、
SNSだけでは今回のプロジェクト期間内に成果が出せない可能性に気づき、
近隣住民へのアピールのためのポスター作成も始まりました。

f:id:stud-io:20180410143527j:plain

自分たちで撮った画像を編集して、作成していきます。

f:id:stud-io:20180410143712j:plain

f:id:stud-io:20180410143911j:plain
作った画像は自分たちでデザインチェック。

 

f:id:stud-io:20180410143722j:plain

校正して、作り直してを繰り返します。

 

f:id:stud-io:20180410143742j:plain

画像だけだとわかりにくい、と、説明文書も作成。
SNSに飛んだほうがええよな!」とQRコードも作ってました。



 そして、近所の商店街に、ポスター掲示のお願いに行きます。
計20枚のポスターを掲示していただきました。
(残念ながら写真撮り忘れました…。)

 

するとですね…。
プロジェクト期限ギリギリにご連絡が…!!

f:id:stud-io:20180410150141j:plain

※これ僕らが裏で手を回したわけではありません笑

 

メールをくれた方に話を聞くと、
「ポスター見てたらなんか可愛くなっちゃって…。」とのこと!
なんと!!完璧!!
(完璧すぎて、八百長感!笑)
 

小学生が
"飼いたい"をつくった瞬間です。
彼らはビジュアルデザインでこの問いを解きました。

 

今は猫をどうやって連れて行くかで苦戦しているのと(笑)、
今回協力してくれたお店や、飼い主希望の方へのお礼の設計をしているところです。
プロジェクト完全終了後は5月末の成果発表に向け、準備を進めます。

※飼い主候補の方が出たため、プロジェクト期間は少し延長しました。

 


自分でやりたい!と言いだして、成功したのはごくいいですね。

やりたいことさえあれば、
いろんな機器を使ったり、周りの人の協力を得ることで、
いろんなことが達成しやすい時代になってきてます。
レバレッジが効く、と言ったりします。)

学校でスマホは禁止されてるかもしれませんが、
テストは普段一人で受けなければいけないかもしれませんが、
社会に出たら、スマホなんか四六時中使うし、チームは組み放題だし、
それこそ解きたい問いだって自由に選び放題です。

子どものうちから、
モチベーションを持って、自己を拡張する経験積んどきましょう。

 

 

春からは投資のプロジェクトや、ラジオを使った授業が始まりますです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:stud-io:20171024194708j:plain

テツ(川村哲也)

「放課後教室studioあお」教室長。
6人兄弟4番目。猫アレルギーの子もいるので、教室では飼えなかったのです…。

 

––––––

放課後教室「studioあお」
602-8374
京都市上京区一条通御前西入ル3丁目西町72 メゾンワイズ103号 
Facebookhttps://www.facebook.com/studio.ao.kyoto/
「いいね!」よろしくお願いします!

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20160424004428p:plain

中学生が選ぶ、本が好きじゃない子も読むと夢中になれる本3選/つばさ書店

初めまして、studioあおの生徒です

今、studioあおで「つばさ書店」として本の紹介をしている本シェルジュをしています。

f:id:stud-io:20180227204613j:plain

今回は教室の中だけでなくwebにアップして小中学生に読んで貰おうと思って投稿しました。「つばさ書店」は、本があんまり好きではない小中学生に「本をもっと好きになって欲しい」という目的で始めました!今回、紹介するのは3冊の本です。

 

飼い主の愛情に心打たれるエッセイ集

f:id:stud-io:20180227203819j:plain

1冊目は、「犬と私の感動物語」と言う本です。この本は特に犬好きの人にオススメです!この本で登場するのは家族を失ってしまった孤独な少女のそばでいつも母親代わりになってくれた面倒見の良い犬です。亡くなった飼い主の家から離れず、ひとりぼっちで小さな命を捧げた犬たちの愛情に涙する感動のエッセイ集で、この本を読むと犬を絶対、好きになります!

▼購入はこちらから▼
http://amzn.asia/aXyBIrd

 

 

「友達」の本当の意味がわかる小説

f:id:stud-io:20180227204016j:plain

2冊目は、重松清さんの本「きみの友だち」と言う本です。この本の主な主人公は、足が不自由で弱虫な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんです。2人は仲の良い友だちだったのですが、ある事件で2人は付き合わなくなってしまったのです・・・。一体2人に何があったのか・・・。弱虫な少女と、誰からも好かれるように振る舞う少女・・・。それぞれの物語が散りばめられた、「友だち」の本当の意味を探す連作長編。この本を読むと、「友だち」の本当の意味が分かります!今までの日常生活が、この本を読む事で、一変すると思います。

▼購入はこちらから▼
http://amzn.asia/hiyE39s

 

 

切なくなる犯罪ミステリー

f:id:stud-io:20180227204136j:plain

 

 3冊目は、貫志祐介さんの「青の炎」と言う本です。この本の主人公は湘南の高校に通う高校生、櫛森秀一17歳。秀一はいつもの平和な日常生活を送っていたのですが、ある時、ある男によって、平和な日常生活が潰されます。その男は、秀一の母親、友子が離婚していた夫でした・・・。そして櫛森秀一は色々な精神的ストレスを抱えた事によってある行動に出ます・・・。そのある行動とは・・・。そして櫛森秀一の運命は・・・。そのクライマックスに、衝撃を受けます。この本は読んだ後、切なくなり、何回も読みたくなるミステリー小説です。特に3冊の中でオススメの本「青の炎」は、家族の為に、相手が大人であっても立ち向かう秀一に心を打たれます。

▼購入はこちらから▼
http://amzn.asia/7hXNtWT

 

どれも良い本なので是非、読んでみてください! 

 

「Yume Wo Katare Kyoto」にいってみた!

こんにちはstudioあおのいねけんです。

f:id:stud-io:20180227222838j:image

なんと、約14ヶ月ぶりにブログを書きます。

 

前回のブログの内容は、要約するとスペインで前歯が折れた内容でした。

http://stud-io.hatenablog.com/entry/2016/12/27/021104

まだ読んでない方は是非ご一読ください)

 

現在折れた前歯は13万円のセラミックになっています。



ところで皆さん「Yume Wo Katare Kyoto」をご存知でしょうか??

f:id:stud-io:20180227222901j:image

「Yume Wo Katare Kyoto」は千本中立売に昨年11月にできた、他に類をみないラーメン屋です。



そんな「Yume Wo Katare Kyoto」独自の制度がこちら!

f:id:stud-io:20180227222958j:image

「夢を語れば、無料でラーメンを食べることができる」ことです。

f:id:stud-io:20180227223025j:image

どんな夢でも、その場にいる全員の前で胸を張って語ることができれば、このラーメンをなんと無料で食べることができます!

 

「Yume Wo Katare Kyoto」(以下Yume)はただのラーメン屋ではなく、自ら夢を語りたくなる場所であり、ターゲットである若者を集めるためにボリューム満点のラーメンを出しています。

 

そんな「Yume」のお手伝いスタッフの1人に、なんと、studioあおの生徒がいます。

 

今回私はYumeでお手伝いをするstudioあお所属の中学生、I くん

を突撃取材するため、

筋トレ後の栄養補給も兼ねて「Yume Wo Katare Kyoto」に潜入しに行きました!!




〜実際に行ってみた〜

f:id:stud-io:20180227223132j:image

こちらが「Yume Wo Katare Kyoto」の外観。この日も店の前に沢山の自転車が止まり、店内も賑わってました。

 

そして、Yumeで職業体験をするstudioあおの生徒がこちら、

f:id:stud-io:20180227223201j:image

中学1年生のIくんです!

 

バスケ部に所属するスポーツ少年で、イケメンですよね、まるで昔の自分を見ているかのようです。



そんなIと私いねけんの夢の対談が実現しました!



いね    :    「IがYumeでやっている仕事内容や、Yumeで職業体験をしている理由を教えてください!」



I :  「皿洗いや、店の掃除、お客さん全員の前で自分の夢を語ることが僕の役目です。職業体験をしている理由は、色々な人の夢を聞けるのが楽しいからです。」



いね   :     「夢を語る役目かー、それはAIに駆逐されない仕事だろうね!Yumeのお手伝いをするようになったきっかけは、studioあおとYumeにつながりがあることが大きいよね、I は、『魔法にかかったロバ』(以下まほロバ)とも関りがあるんだっけ?」



I       :「他のあおの生徒と一緒に震災復興支援の“ あお二才ファンド ” を作り、同じ方向性で活動をしている『きっかけ食堂』さんとコラボして、祭りでの出店やまほロバ出店時のお手伝いもしました。」



中学生1年生にして、自らの問題意識に基づき様々な行動を起こすI は客観的に見て立派ですね。

人間国宝さんの指導の賜物かもしれません。

(教室長川村 はとなりの人間国宝に認定済み)

f:id:stud-io:20180227223457j:image


いね    : 「I が伝えたいYumeの魅力はどこにある??」

 

I       : 「ボリューム満点のラーメンがとても美味しいのはもちろんですが、それに加えて、沢山の人の夢が聞けたり、自分の夢を聞いてもらうことでさらに、その夢が現実に向かっていくことです。



え、オリンピック出てったっけ?っていうレベルの名言ですね。

中1の発言とは思えません。



いね      : 「最後にIの夢を語ってもらえますか?」



I        :  (お客さん全員の前に出て)

夢語ります!!

僕の夢はバスケットボールの新人戦で県ベスト8になることです!!!」

 f:id:stud-io:20180227223615j:image

(夢を叶える為に筋トレもを頑張ると笑顔で話すI、筋トレはウソをつきません)

このような形でIへのインタビューは終了しました。

 

I がYumeで立派にお手伝いをしている姿や、インタビューにハキハキと答える姿勢には、約1年間接してきたスタッフとして、彼の成長を感じとても嬉しかったです。

 

是非Iには、これからも沢山の夢を語り、それを実現していく男になってほしいです。




「Yume Wo Katare Kyoto」の僕のおすすめポイントは大きく2つです。

・ラーメンがボリューム満点で中毒生を感じるほど美味しいこと

・沢山の人の多種多様か夢が飛び交う、最高にポジティブな空間であること



「Yume Wo Katare Kyoto」にまだ行ったことのない読者がいれば、必ず一度は行ってみましょう!

そして、自信を持って大きな夢を語りましょう!!

そこには中毒生抜群で最高に美味いラーメンと、あなたの夢を応援してくれる仲間たちが沢山います!!



最後に私いねけんの夢を語って、今回のブログの締めとさせていただきます!

 

「僕の夢は、4月から入社する『リンクアンドモチベーショングループ』で新人賞を獲得することです!!

 

この夢を実現させ、さらに大きな夢を「Yume Wo Ka tare Kyoto」に語りに来たいと思います!

 



Yume Wo Katare Kyoto 店舗情報

住所 :〒602-8347  京都市上京区四番町126-10

営業時間 : 11:30〜15:00  17:00〜22:00

定休日 : 火曜日、水曜昼

Twitter :mobile.twitter.com/yumekatakyoto

Facebook :https://www.facebook.com/Yume-Wo-Katare-Kyoto-896283457203012/



〜スタッフ紹介〜

 

稲永 健人 (いねなが けんと)

 

立命館大学 4回生

中等・高等保健体育科教員免許取得予定

 

通称 いねけん

福岡県出身

studioあおの筋肉担当

今春で大学・studioあおを共に卒業し、愛知県で新社会人として働きます。

日本の子ども達が世界で一番投資の能力が高い?

f:id:stud-io:20171218142345j:plain

 

まずこのタイトルを見て、

「そんなわけないやん。」

「一番低いの間違いやろーもん。」

と思いますよね。僕も思ってました。

その認識、、、間違ってます!!

そもそもみなさんが、なぜそう思うのか自分なりに考えてみました。

日本には、ウォーレン・バフェットジョージ・ソロスなどといった有名な投資家が出ていないので、どうしても日本人は投資に向いていないと思われちゃうのだと思います。

しかし、その偏見今回で取っ払います!

 

では、なぜ日本のこどもたちが世界で一番投資の能力が高いのかというと、その秘密は、お小遣いにあります!

実は、日本のようにお小遣いを自由に使える国というのは少ないのです。それに、今は「お手伝いしたから100円」、「肩揉んでくれたから100円」とかではなく、何もしなくても月に1000円とかもらいますよね。それで、好きな漫画やゲームを買ったりします。僕も小さい頃、DSのカセットをよく買ってました。

しかし、他の国ではこんなことあり得ないんですよ!確かに今考えたら無条件でお金が入ってくるなんて事、普通だったらないですよね。アメリカでは、自分で何かを売ってお金を得る。というようにアルバイトのようにしてお金を得ている家庭が多いのです。



日本の子ども達は労働せずに無条件でお金をもらい、自由にお金を使えるのです。例えば、お小遣いで漫画を買ったり、お菓子を買ったり、あるいはゲーム機を買うために貯金したりしますよね。これって株を買うのに似てません?限られたお金の中でいかに自分の満足度を上げるかを小さいときからやっているのです!

なので、日本人が投資が下手だというのは思い込んでいるだけであって実はそうではないんですね。

 

パチンコなどのギャンブルをするのではなく、小さいときから培ったその投資能力を活かして、自分が応援したい!という企業に投資してみてはいかがですか~

「助けられ力」のすゝめ。

「やってみたいんだけど、自分には難しそう…。」
と思った時は「助けられ力」を使った「自己の定義の拡張」がオススメ。

 


「自分ができること」=「自分の頭、身体でできること」
と定義してしまうと、世界は非常に狭くなります。
人間の脳みそひとつ、身体ひとつでできることなどたかが知れています。

だから「自己の定義の拡張」。
簡単に言うと「周りの人ができることは自分のできること」としてカウントしてしまう。

 


「美味しいイタリアンを自分の家で食べたい…。けど、料理できない…。」
料理ができる友達呼んだらいいじゃない。

「大学行きたいけどお金がない。」
お金持ちに借りたらいいじゃない。

「エクセルが苦手だ。事務作業とかもはや宇宙。」
得意なやついるじゃん絶対。


そのときに重要なのが「助けられ力」
不快感なくリソース(資源)のジャイアニズムをする能力です。
お前のものは俺のもの。俺のものもおれのもの。
「助けて〜」って言える図々しさ、
「しょうがないな〜」って思ってもらえる愛嬌。

世の中には
なぜか協力してあげたくなる人、
なぜか面倒を見たくなってしまう人がいるものです。
そう言う人はモチベーションやビジョンと言うベースの上に、
「助けられ力」を持っている気がします。


ある種自己中に見える時もありますが、
これを自分の周りのみんながお互いにできてたら最高じゃないですか?
世の中の相互ジャイアニズム化。
お前のものは俺のものだし、でも俺のものはお前のもの。
心の友になった時点で、全部共有財産じゃん?うちらズッ友じゃん?みたいな。


いわゆる「助け“られ”合いって大事よね」みたいな話なんですが、
個々人の出来ることを共有しあって、

大きな意味で自己を定義し直したら、
なんか最強な気がしません?新しいこととか始められそうじゃないすか?
困ったことがあっても大丈夫そうじゃないですか?

 


いいですよね、これ。

せっかく高度に社会的な動物として生まれたのだから、
そうやって社会を楽しんで生きるのって有りですよね。

うちの生徒はみんなそうであって欲しいし、そういう子ども増やしたい。

 

 

 


エモ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:stud-io:20171024194708j:plain

テツ(川村哲也)

「放課後教室studioあお」教室長。
6人兄弟4番目。時速35キロ以上の移動は身体に良くないと思います。

 

––––––

放課後教室「studioあお」
602-8374
京都市上京区一条通御前西入ル3丁目西町72 メゾンワイズ103号 
Facebookhttps://www.facebook.com/studio.ao.kyoto/
「いいね!」よろしくお願いします!

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20160424004428p:plain

"お金"という発明について

 

“お金”という発明について

f:id:stud-io:20171124202131j:plain
みなさんお金ってについて考えたことはありませんか?
例えば、
「5円玉と50円玉はなぜ穴が開いているの?」
2000円札はなぜあるの?」
などさまざまな疑問があるはずです。
今日はそんな悩みを一つ解消したいと思います。
「お金って、なんでできたん?」
絶対誰もが一度は思うことですよね。
その疑問今日で解決します!


人間はお金がない時代は物々交換をして欲しいものを手に入れていたのです。
しかし、欲しいものを持っている人を見つけ出すのが大変であり、ほしいという人がいなければ保存のきかない物は腐ったりして全て無駄になっていたのです。
そこで、誰かが物の代わりとなる「価値」を決めてそれを交換の道具にしようと、
4500年前に人類最初のお金が誕生しました。(めちゃめちゃ賢い...)

 

では、お金とは初めはどういったものだったのか。
お金が存在するまでは、相手が物を持っていても無事に交換が成立するまでは疑いと
不安がつきまとい、自分が素性を知らない人とのやりとりはできませんでした。
しかし、お金が誕生したことによって、その疑いは払拭され人は人を「信用」するようになったのです。
そうなると、人と人が会う機会が増え、会話が増える。このようにお金とは、人が人を信用するきっかけをつくった、
コミュニケーションツールとして機能したのです。


わかりやすく言うと
例えば外国へ行ったとき、スーパーで買い物をするとします。そのときその国の言語が分からなくても、お金さえあれば物は買えますよね。昔であれば、自分が物々交換の対象の物を言葉で説明しなければなりませんでした。
しかし、今はお金で買える。なぜなら、それに価値があると、世界中のみんなが「信用」してるから!!
(「信用の数値化」という言い方もあるんですが、これはまた授業で説明するので、ぜひ来てください!)


お金って毎日扱う、とても大事なものですよね。だけど、日本はお金について学校では教えてくれません。studioあおのビジネス体験プログラム「ベンチャーズ」が毎週お金について授業します!子どもにお金について知ってほしい方や興味を持ってほしい方はぜひお越しください。

現代は仮想通貨などで、「お金の再発明」が行われています。そこらへんも「ベンチャーズLive」でやりますので、そちらもぜひ。

f:id:stud-io:20171120211904j:plain


 

これで疑問はなくなりましたね。みなさんは普段何気なく使っていてお金についてあまり考えないと思いますが、お金は勉強すればするだけ面白くなるものです。面白くて眠らずに勉強して少しだけ体調を崩してしまいました。みなさんも、落ち葉舞い散る深秋の候、体調を崩れませんようご自愛ください。

 

 


あれ、お礼状?


 

f:id:stud-io:20171125100111j:plain

ウイング(橋本翼)

福岡県出身

夏にキャンプとソフトボールサークルの合宿に行って真っ黒になりましたが、最近ではやっと自分の肌の色に戻ってきました。

10年後働くでしょ?じゃあ、お金の勉強しようよ。

10年後、大半の子は"お商売"をしています。
だから、お金の勉強をしましょう。

 

f:id:stud-io:20171120171341j:plain

 

お金のことを考える時に、消費と生産という2つの観点があります。
「お金とは、何かを買うために必要なもの」という使う側の観点(消費者)はどんな生活をしていても結構学ぶ機会があります。
「お金とは、他人の満足を創造したことの対価」という稼ぐ側の観点(生産者)は、教育の中でしか得ることができません。
そして、この「生産者教育」って家庭にも、学校にも、塾にも、
日本の教育にはほとんどないんですね。
10年後、確実に生産者になるにも関わらず!

 

日本人は「お金汚い文化」が骨の髄まで染み付いていますが、
これは意識して矯正しなければいけません。

お金はただの道具であり、綺麗でも汚くもありません。
そして、我々人間社会の必需品です。

かの有名なウシジマくんも言ってますが、
「お金が全てではないけど、全てに金が必要だ」なんですね。

親切やボランティアを否定しているのではないです。
お金が大事なのは事実ですよね。お金を使わない生活はありえませんよね。という話です。

なので、ちゃんと学びましょう。

  


私は中学生の時に、初めて自分でお商売をしました。
その時、非常に良かったのが、
他人の「困った」を解決することによって、お金を得る経験ができたことです。

僕としてはお金なんか取っちゃって悪いなあ。と思ってたんですが、
みんな「ありがとう!」といって、喜んでお金を払っていくわけですよ。

そこで、川村少年は気づいたのです。
「お金を稼ぐこと」と「他人のため」ってのは共存できるんだ、と。

「たくさんお金を持ってる人」=「たくさん他人の満足を作ってる人」なんだなあ、と。感覚的に理解したわけです。
その経験のおかげで、お金に対する偏見はだいぶなくなりました。

 


そういう体験を意図的に作るのが、我々のやっているベンチャーズ」というビジネス体験プログラムです。
誰を、何を持って、どうやって満足させるか、を自分で企画して、
予算集めて、商品開発して、集客して、販売してetc...全部やります。

日本に「好きなことで食っていく」人間を増やすべく、
お金や、働くことへの理解を深めていくことが、目的です。

だって、好きなこと仕事にしてる人間多いほうが、絶対イノベーション起きる確率高いかんね!

 

 

現代において、「お金」というのはその姿形を変えつつありますが、
原則である「交換の法則」は消えません。
そこにおいて、生産者側の観点を身につけておくことが重要だと考えています。

f:id:stud-io:20171120211904j:plain


この教育は、最終的に働き方とか、生き方の話に繋がるんですが、
こういうことを考える必要性って、昔は今より少なかったと思うんですよ。
モノ作れば売れたし、生き方にある程度正解があったし。


でも世の中が変わり、今や多様な生き方、多様な働き方の時代です。
普通や、標準といった概念はどんどん薄まり、よりダイバーシティを重んじる時代が来ました。

教育は「社会で活躍する人間を育てるため」にあります。
だったら、社会がその姿を変えていく中、
教育もどんどんアップデートされていかなきゃですよね。

ということで、我々のスローガンは「#教育をアップデートせよ」です。

おやすみなさいませ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:stud-io:20171024194708j:plain

テツ(川村哲也)

「放課後教室studioあお」教室長。
6人兄弟4番目。寒さに弱い。好きな鍋は塩ちゃんこ。

 

––––––

放課後教室「studioあお」
602-8374
京都市上京区一条通御前西入ル3丁目西町72 メゾンワイズ103号 
Facebookhttps://www.facebook.com/studio.ao.kyoto/
「いいね!」よろしくお願いします!

f:id:TETSU_KYOTO_JPN:20160424004428p:plain